0 to 1 Development Program

ただのアイディアを、たしかな事業プランに仕上げていく、科学されたプランニング手法

 

新規事業開発の「序盤戦」では、LEAN CANVASを無数に書き直す

新規事業の着想段階=「アイディアだけ」もしくは「想いだけ」の段階から、新規事業案がプランとして固まり、想定顧客やお金のもらい方が見えてくる頃までの、いわゆる「新規事業開発の序盤戦」では、リーンスタートアップ(※)の考え方に基づき、考案中のビジネスプランが一目で見渡せるLEAN CANVASを無数に書き直していくプロセスを辿ります。

 

顧客を「発見」し、深い「インサイト」を得られれば、ビジネスの半分は出来上がる。

私たちのアプローチは、その新規事業案が「確かに顧客に受け入れられる事業かどうか」を、高速で検証を繰り返しながら進める手法をとります。決して「モデル」や「市場分析」からは入らず、「世界でまだ誰もしらない顧客に対する真実(これをインサイトといいます)」を見出すまで、モデルや市場のことは置いておいて、とにかく想定顧客に対して「ただ単に深く深く入り込む」ことをします。このプロセスがもっとも大切と言っても過言ではなく、深く入り込めば入り込むほど、当初想定していたビジネスの形は大きく変わっていきます。そのダイナミズムを、LEAN CANVASにログとして残し、ブレイクスルーが訪れるまでの道標として活用していきます。

 

インサイトを得た後は、「高速プロトタイピング」で実現の精度を高めていく。

顧客課題を解決するサービスやソリューションの精度を高めるために、高速でプロトタイピングを行い、何度となく想定顧客にぶつけて機能するかどうかを検証していきます。顧客が確かに活用し、課題が確かに解決される。その深い確証を得るに足る、「機能する最低限のプロダクト( MVP = Minimun Viable Product )」の開発手法が、私たちの持つ新規事業開発スキルのひとつです。「実際にプロダクトを開発せずに、あたかもプロダクトがあるかのように検証を行う(だからものすごく速い)」という手法を活用することで、事業精度が高まるスピードを格段に早めることができます。

 

市場性と実現可能性の観点から反証を行う

そうして出来上がった新規事業案を、「顧客検証」が終わった後ではじめて、市場性や実現可能性、想定競合との戦いにおける想定戦略、等から反証を行っていきます。このタイミングで新規事業案が微修正で済むケースもあれば、大きく変更を余儀なくされるケースもあります。(確かに顧客は使い、お金も払ってくれるが、ニッチで小さな事業にしかならない、など)その場合は、どの段階まで戻って構築をし直すのか。蓄積したLEAN CANVASのログを辿りながら戻るポイントを定めてプロジェクトを推進していきます。

また、このフェーズまでやってくると、新規事業開発プロジェクトの当事者たちは、まさに「当事者」として第三者的冷静さを失う状況に陥ります(決して悪いことではなく、だからこそ見えない事実が見え、イノベーションが生まれるという状況でもあります)。この段階で、新規事業に対する投資を行うマネジメントサイドとの議論を成立させるために有効となるのが「第三者評価」です。私たちは、豊富な新規事業開発経験に基づく、第三者的評価を行い、進行中のプロジェクトに対して「審査意見書」を作成する取り組みも行います。私たちがつくる第三者的な意見書を踏まえながら「実際に意味ある規模の事業案に仕立てていく」新規事業開発の後半戦を過ごすことで、効果的な進捗に貢献することができます。(詳細は審査意見書作成を参照)

 

※[LEAN STARTUP] 
アメリカ合衆国のシリコンバレーはヒューレット・パッカード、アップル、インテル、グーグル、フェイスブックといった世界的な大企業となったベンチャー企業の発祥の地でもある。シリコンバレーは無数のベンチャーが生まれているが大企業にまで発展できるのは、ほんのわずかであり、1000社に3社とも言われている。この極めて低い成功率を引き上げることはシリコンバレーにおいても長年の課題であり、さまざまな起業の方法論が考案されてきた。リーンスタートアップはそうした方法論を取り入れつつ、マネジメント論として体系化した理論の1つである(Wikipedia参照