イベント Event

  1. HOME
  2. イベント
  3. 【再放送】NewsPicks Learning x Marketing Town 共催 ニューノーマル時代の「次世代リーダー」の育て方 〜学ぶ内容・学び方のアップデート〜

イベント内容

※2022年3月に配信したセミナーを、ご好評につき再放送いたします。

変化の激しい現代で、持続的な企業成長を実現するために企業はどのように次世代リーダーを育てていくべきなのか。

「本気で取り組んでくれる社員を増やすには?」
「いい循環を生み学習習慣を会社のカルチャーにしていくためには?」

そんなトピックを中心に、これまでの育成手法だけでは養えない、実践的且つ柔軟なスキル醸成に必要な「学ぶ内容」と「学び方」について人材育成ソリューションを提供するNewsPicks LearningとMarketing Townそれぞれの視点からお話しさせていただきます。

次世代リーダー・経営者候補の育成を促したい人事ご担当者様や経営者様必見のイベントです!

ラインアップ

飛田 恭兵

株式会社NEXERA 代表取締役

新卒で経営コンサルタントとして、財務を中心とした中小中堅企業の経営支援に従事。その後、ベンチャーやスタートアップの経営者に対して支援を行うスタートアップカフェ大阪に参画。 2018年に株式会社NEXERAを設立。代表取締役として、経営視点を体感的に学習できるビジネスゲーム型研修サービス「Marketing Town」を開発し、事業を展開。サービスローンチから2年半で、総受講者数は5,000名を越え、ベンチャーから大手企業まで、多くの企業が研修として採用するサービスへと成長させる。

古川 央士

株式会社アルファドライブ 取締役 兼 COO / 株式会社NewsPicks for Business 取締役

青山学院大学卒。学生時代にベンチャーを創業経営。その後、株式会社リクルートに新卒入社。SUUMOでUI/UX組織の立ち上げや、開発プロジェクトを指揮。その後ヘッドクオーターで新規事業開発室のGMとして、複数の新規事業プロジェクトを統括。パラレルキャリアとして、2013年に株式会社ノックダイスを創業。飲食店やコミュニティースペースを複数店舗運営。一般社団法人の理事などを兼任。社内新規事業や社外での起業・経営経験を元に、2018年11月、株式会社アルファドライブ執行役員に就任。リクルート時代に1000件以上の新規事業プランに関わり、10件以上の新規事業プロジェクトの統括・育成を実施。株式会社アルファドライブ入社後も数十社の大企業の新規事業創出シーン、数千件の新規事業プランに関わる。2023年より株式会社アルファドライブ取締役兼COO/株式会社NewsPicks for Business 取締役。

小谷 奉美

POT Institute 主席研究員

コロラド大学デンバー校ビジネス学部金融学科卒。インテル株式会社にて、社長補佐官として、役員とともに経営戦略や事業の方向性、コミュニケーション戦略を策定する。同時に、企業戦略を社内外に発信する役割も担う。その後、日本マイクロソフト株式会社に転じ、アドバタイジング&オンライン統括本部 シニアマーケティングマネジャーとして、オンライン広告新商品のB to Bマーケティング戦略を策定、実⾏を指揮。2016年に株式会社Seize The Dayを立ち上げ、インテルやマイクロソフトでの多様な職務経験を生かしてエグゼクティブコーチ・組織開発コーチ・リーダーシップトレーナーとして、世界の多国籍企業の経営トップや役員などのマインドセット変革、リーダー育成を行う。また、2017年から2年間、マガジンの編集長として、人材育成、組織開発の情報を発信。同時に、2021年より株式会社アルファドライブに参画し、POT Instituteで主席研究員として、心理アセスメントの開発や心理学・社会心理学を人材育成・組織開発へ応用する研究やプログラムの開発なども行っている。

開催日 2023年01月26日(木)12時00分~13時00分
会場・アクセス 会場での開催はございません。
お申込みいただいた方にオンライン配信視聴用のURLをお送りいたします。
タイムテーブル オープニングセッション

■Part1
【講演】「Marketing Town」事業について:飛田 恭兵氏(株式会社NEXERA 代表取締役)

■Part2
パネルディスカッション
パネラー:飛田 恭兵氏(株式会社NEXERA 代表取締役)、古川 央士(株式会社アルファドライブ 執行役員)
モデレーター:小谷 奉美(株式会社アルファドライブ 変革人材・組織変革エバンジェリスト)

■Part3
質疑応答

ご好評につきお申込みを締め切りました。たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。