イベント Event

  1. HOME
  2. イベント
  3. 【再放送】Z世代マネジメント 成功の秘訣とは?

こんな方におすすめ

  • 企業で若手の育成・研修を担当されている方
  • 若手をメンバーに抱えるマネジメント層の方
  • 新時代に求められるマネージャー・管理職の育成を担当されている方

イベント内容

※2022年11月に配信したセミナーを、ご好評につき再放送いたします。

デジタルネイティブと言われる「Z世代」が新入社員として働きはじめ、事業や会社のあり方もめまぐるしく変化するVUCAの時代。

世代と環境の両方の変化を受けて、企業の若手育成担当・マネージャーには「育てたい力」「育て方」「マネジメント手法」をアップデートする必要性を感じられる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

今回のセミナーでは、ソフトバンク株式会社にて人事本部長を務められる源田氏をゲストにお迎えしました。同氏は孫正義育英財団の事務局長も兼務されており、若手人材育成支援の領域でも活躍されています。

Z世代をマネジメントするために必要な視点や理解しておくべきことを学び、Z世代の強みを引き出すマネジメント手法・キャリアの道筋を立てられる育成担当・マネージャーとなるための具体的なアクションまで触れさせていただく内容となっております。

トークテーマ例

  • 若手・Z世代のマネジメントをする際のポイント
  • どのような研修や学びを通してZ世代の強みを伸ばしていくべきか?
  • 若手・Z世代の強みを生かした社内キャリア形成とは?

ラインアップ

源田 泰之

ソフトバンク株式会社 コーポレート統括 人事本部 本部長

1998年入社。営業を経験後、2008年より人事領域を担当。 2019年HRアワード個人部門の最優秀賞、2018年プロリクルーターアワード最優秀賞などを受賞。 ソフトバンクグループの後継者育成機関であるソフトバンクアカデミア、グループ社員向けの研修機関であるソフトバンクユニバーシティを立ち上げ、新規事業提案制度であるソフトバンクイノベンチャーでは選出されたアイデアの事業化を推進し複数社の設立を支援。 2021年より、エンジニアリングとオペレーションで変革を支えるSBエンジニアリングと、人事サービスを提供するSBアットワークの取締役も務める。また、高い志と異能を持つ若手人材支援を行う孫正義育英財団の事務局長も兼務。

麻生 要一

株式会社アルファドライブ 代表取締役社長 兼 CEO / 株式会社NewsPicks for Business 代表取締役

東京大学経済学部卒業。株式会社リクルート(現リクルートホールディングス)に入社後、ファウンダー兼社長としてIT事業子会社を立ち上げ、経営者としてゼロから150人規模まで事業を拡大後、ヘッドクオーターにおけるインキュベーション部門を統括。社内事業開発プログラム「Recruit Ventures」及び、スタートアップ企業支援プログラム「TECH LAB PAAK」を立ち上げ、新規事業統括エグゼクティブとして約1500の社内プロジェクト及び約300社のベンチャー企業・スタートアップ企業のインキュベーションを支援した経験を経て、自らフルリスクを取る起業家へと転身。同時多発的に創業。2018年2月に企業内インキュベーションプラットフォームを手がける株式会社アルファドライブを創業し、2019年11月にユーザベースグループ入り(発行済全株式を売却)。2018年4月に医療レベルのゲノム・DNA解析の提供を行う株式会社ゲノムクリニックを共同創業。2018年6月より「UB VENTURES」ベンチャー・パートナーへ就任しベンチャーキャピタリスト業を開始。2018年9月に株式会社ニューズピックスにて非常勤執行役員に就任し、企業内起業家としてNewsPicks for Businessの事業開発を管掌。著書に『新規事業の実践論(NewsPicks Publishing)』。

開催日 2023年02月02日(木)12時00分~13時00分
会場・アクセス 会場での開催はございません。
お申込みいただいた方にオンライン配信視聴用のURLをお送りいたします。
タイムテーブル オープニング

Part1 【講演】「Z世代マネジメントに必要な考え方とは?」
講師:源田 泰之(ソフトバンク株式会社 コーポレート統括 人事本部 本部長)

Part2 パネルディスカッション
モデレーター:麻生 要一(AlphaDrive 代表取締役社長 兼 CEO / ニューズピックス 執行役員)
パネラー:源田 泰之(ソフトバンク株式会社 コーポレート統括 人事本部 本部長)

Part3 質疑応答

クロージングセッション

ご好評につきお申込みを締め切りました。たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。